クライミング講習

「ロープの結び方から覚えたい」という方から、「リードの達成感を味わいたい」、「クラックやマルチピッチに挑戦したい」という方まで。リード講習などのロープワークだけでなく、ムーブ講習も行っております。クライミングジムや、小川山、湯川、湯河原、城ヶ崎、三ツ峠などのクライミングゲレンデが中心です。

1.無料体験講習
2.メイン講習
2.1.ムーヴ講習レベル0
2.2.ジムリード講習
2.3.岩場リード講習
2.4.クラックリード講習
2.5.マルチピッチ体験
2.6.マルチピッチリード講習
3.オプション講習
3.1.ムーヴ講習レベル1
3.2.クラックムーヴ講習
4.ロープワーク講習


フローチャート 1.無料体験講習 2.メイン講習 3.オプション講習 4.ロープワーク講習

講習を通じて、クライミングを習得する全体像を示しています。(例:岩場リード講習を受講するには、ジムのリード技術が必要)

矢印の先に行くほど、冒険的なクライミングに近付きます。

各講習は、1〜数回で終わる場合もあれば、5日以上が見込まれるものまであります。

ムーヴ講習
レベル0
ジムリード講習ムーヴ講習
レベル1
岩場リード講習マルチピッチ体験
クラックリード講習クラックムーブ講習
マルチピッチリード講習
研修登山(無雪期)

具体的なケースについて

?初心者も経験者も、ムーヴLv.0からの順序が原則です。

ムーヴレベル0は、ムーヴに関して個別指導を行うだけでなく、受講生がジムリード講習に進めるレベルか否かを私が判断するものです。

リード経験者だからこそ、私の説明が深く理解できると思います。1〜複数回の受講の中で、こちらで次のステップに進む技量ありと判断した段階で、それをお伝えしております。

?自信のある方は、飛び級での申し込みも可能です。

リードやビレイの安全管理について、自分の技量に自信のある方は、飛び級しての受講が可能です。(例:ジムリード講習、岩場リード講習クラックリード講習、のどれかで受講開始する)

経験上、本人の自信と技量は比例しないことが多いため、オススメできない方法ではあります。 しかしながら、受講日程や受講費用との兼ね合いから、遠方からの参加者などには仕方ないパターンでもあると、認めております。

ただし、マルチピッチリード講習だけは、クラックリード講習を飛ばすことが出来ません。


inserted by FC2 system