クライミング講習

「ロープの結び方から覚えたい」という方から、「リードの達成感を味わいたい」、「クラックやマルチピッチに挑戦したい」という方まで。リード講習などのロープワークだけでなく、ムーブ講習も行っております。クライミングジムや、小川山、湯川、湯河原、城ヶ崎、三ツ峠などのクライミングゲレンデが中心です。

1.体験講習
1.1.ジム体験講習(無料) 1.2.岩場体験講習 1.3.マルチピッチ体験講習
2.リード講習
2.1.ジムリード講習 2.2.岩場リード講習 2.3.クラックリード講習 2.4.マルチピッチリード講習
3.ムーブ講習
3.1.ムーブ講習 3.2.クラックムーヴ講習
4.ロープワーク講習
4.1.ロープワーク講習


フローチャート 1.体験講習 2.リード講習 3.ムーブ講習 4.ロープワーク講習

クライミング講習の核となるもの。安全管理を学んで、マルチピッチを目指します。

2.1.ジムリード講習

内容:

ジムでのリード&ビレイ。

  1. トップロープ・エイトノットの確認
  2. クリップ練習
  3. リードでやってはいけない事例集
  4. リードで落ちる練習
  5. ビレイの繰り出し、ビレイヤーの立ち位置
  6. ビレイで止める練習
参加条件:

トップロープのビレイ、エイトノットが出来ること。

受講回数の目安:

ジムの5.10aが登れる程度の経験の人で、ジムでの3時間コースを3回程度で終了。

2.2.岩場リード講習

内容:

ボルトルートの岩場でのリード。
  @ 疑似リードをする中で注意点を学ぶ
   クリップのタイミング、ライン取り、落ちた場合の想像、ウィップフラッシュ現象、ビレイ位置。

  A 終了点などの支点作業
   a)クリップするだけ、結び換え、懸垂下降、の3種類の下降方法
   b)ボルトの種類や残置スリングの強度
   c)終了点が心もとない場合の対処方法(分散支点の作り方、捨て縄の方法)

  B 実践練習
   時間の許す限り実践を繰り返し、リードのコツを教えます。

参加条件:

@ジムでのリード&ビレイが出来ること(当塾のリード講習を受けていることが望ましい)

Aジムの5.9以上を、3本オンサイトしていること

コメント:

岩場のリードは、ジムよりも危険に対する判断要素が多いものです。ただ、それ自体が「分かる」ことによって、自立したクライマーへの第1歩となるのです。

2.3.クラックリード講習

内容:

@ テーピング
  A ハンドジャム、フットジャム、フィンガージャム、フィストジャムなどの基本的なジャミング
  B カムセットの仕組み(地上練習)
  C 疑似リード&カムのチェック

参加条件:

ボルトルートの5.9以上を、3本オンサイトしていること。

受講回数の目安:

ボルトルートの5.9がオンサイト出来る人で、4日間程度で終了。

コメント:

クラックは、1ピッチのアルパインクライミングのようなものです。安全管理、持っていくギアの選択までが自分の力に任され、ボルトの打たれていない自然のクラックそのものを登って壁を登り切ります。そして、ギアを回収したとき、再びクラックは自然へと戻るのです。

だからこそ、オンサイトが岩との最高の付き合いとして格別の達成感があり、ルート図に記載のないクラックを初登気分でオンサイトするという遊び方もあり得えるのでしょう。 クラックの技術だけでなく、その達成感を味わい、それら全てをアルパインクライミングに活かしていただきたいです。実際、アルパインの現場でも、クラックはプロテクションの取りやすいラインとなるのです。

2.4.マルチピッチリード講習

内容:

お客様に、マルチピッチをリードして頂き、具体的にアドバイスを行っていきます。最初は、易しい1ピッチだけから始まり、段々とマルチピッチそのものをリードして頂く、研修形式の講習。

参加条件:
  • クラックの5.8を3本以上オンサイトしていること
  • マルチピッチ体験講習を受講していること
受講回数の目安:

ロープワーク、ルートファインディング、危険に対する判断、など。あまりに講習内容が多岐に渡るため、全てを教えきるというのは実質的に不可能です。回数の目安を設定することが出来ません。

研修向きのルート:
  • 三ツ峠の各ルート(残置無視)
  • 越沢バットレスの各ルート(残置無視)
  • 小川山、大貧民ルート(オールNPの★★★ルート)
  • 小川山、南稜神奈川(残置無視)
  • 小川山、セレクション(ボルト&NPのミックス)
  • 二子山中央稜(残置無視)
  • 城山南壁バトルランナー(ボルトマルチ)
inserted by FC2 system