クライミング講習

「ロープの結び方から覚えたい」という方から、「リードの達成感を味わいたい」、「クラックやマルチピッチに挑戦したい」という方まで。リード講習などのロープワークだけでなく、ムーブ講習も行っております。クライミングジムや、小川山、湯川、湯河原、城ヶ崎、三ツ峠などのクライミングゲレンデが中心です。

1.無料体験講習
2.メイン講習
2.1.ムーヴ講習レベル0
2.2.ジムリード講習
2.3.岩場リード講習
2.4.クラックリード講習
2.5.マルチピッチ体験
2.6.マルチピッチリード講習
3.オプション講習
3.1.ムーヴ講習レベル1
3.2.クラックムーヴ講習
4.ロープワーク講習


フローチャート 1.無料体験講習 2.メイン講習 3.オプション講習 4.ロープワーク講習

3.1.ムーブ講習レベル1

内容:
ムーブ講習共通

クライミングの基本的な理屈、癖を矯正すること。

主に、以下の5点について行います。

ジム内にある最も易しいルート5.6を繰り返し登る中で、あなたの癖を指摘していきます。

  • ネコ足 : 足音を立てずにソッと置くこと、クライミングシューズのゴムをスタンスに馴染ませること、スタンスを足指で握る感覚
  • 肩の脱力 : ホールドに寄り掛かる感覚
  • 指の脱力 : ホールドを握りしめない、カチ持ちとオープン
  • 姿勢 : スタンスに立ち、ホールドにぶら下がり過ぎない姿勢について
  • ツイスト : 引きつけよりも捩じりを優先する
レベル1の内容

リードで本気トライ

ダイアゴナル、バックステップ、正対の超基礎ムーヴ練習

どのレベルでも可能性のある内容
  • 反動ムーヴ
  • 手順用語とオブザベーション
  • 踏み替えムーヴ
  • ステミングとプッシュの練習
ムーヴ講習の頻度について

ムーヴ講習に、卒業はありません。

伸び悩みを感じたら、ときどき利用してみる、というのが理想的です。

最大の頻度でも、4回ジムに行くうち、1回をムーヴ講習に充てる、という程度です。

そうでなければ、

  • 講習の復習をする
  • 質問したい疑問点を貯める
  • 本気トライを重ねて、経験を積む
  • 筋力などの、基本的なパワーを育てる

といったことをする暇がありません。

逆に、指摘し合える友達がいるのなら、半年に1回、3ヶ月に1回だけ、講師のアドバイスを受けてみるというのはどうでしょう?

参加条件:

ジムでのリード&ビレイができること。(当塾のリード講習済みが望ましい。)

主な対象:

5.10台が中心、ムーヴの専門用語にあまり馴染みがない。


3.2.クラックムーヴ講習

内容:
  • 極端に苦手なサイズ克服のヒント(フィンガー、サムカム、シンハンド、フィスト、などの基本。ジャミングに伴うムーヴ。)
  • ワイドクラックの基本(5.9程度ルートで)
  • カムセットのチェック(基本を忘れていないか、念のために)
参加条件:

5.9のクラックを3本以上オンサイト(orフラッシュ)した経験がある

講習方法:

?無理のない程度のルートを、オンサイト(orフラッシュ)トライをする

?講師がセットしたカムを念のためにチェックする

?アドバイスを交えながら、そのルートをトライ

※練習になりそうなルートを選びます。

完登したルートをトップロープにして、“ジャミング限定で登る練習”なども積極的に行います。

inserted by FC2 system